玄人゛志向

RC hobby report site

タミヤスイフトスポーツエンジンカー(ナイトロRS4ミニ)

個人的にタミヤのMシャーシで思い入れが深いボディが「スイフトスポーツ」

ミニクーパーにあまり思い入れがない自分にとって、「ミニシャーシとは安い車のRCカーのほうが」って気分もあり、「スイフト」と「ワゴンR」が二大ボディなのである。またタミヤのスイフトスポーツボディは特性的にもよく走るのでレースでもずっと使っていたからなおさらである。

タミヤスイフトはホイールベースがMなので、GPカーで走らせようにもマンティスはSサイズなので、唯一「ナイトロRS4ミニ」になるんだけど、もう絶版車なので…とおもってたら、偶然、新品を発見。

「これでスイフトをエンジンカーにできる!」ってことで購入、組み立て。

なにはともあれ走行させてみた。

「スイフトでブぉ~ん♪ブぉ~ん♪ブぉ~ん♪」

それがやりたかっただけである。

3-20170723_154238

 

5-20170723_155330

2-20170723_134114

4-20170723_155321

ナイトロスター12エンジンは、古いが、ニードルさえ絞ればプラグも付属のままあっさりかかった。最初のニードル位置だと最近の燃料(NASA 25)には甘すぎるらしく全然かからなかったが、ニードルを2回転ぐらいの位置でかかり始め、結局1回転ぐらいまで絞っている…このへんは個体差が大きそうな古いカチカチ型キャブなのでわからないが、とりあえず「昔より絞り気味」だと思う。そのせいで1速ミッションでも十二分に速い。いいのか悪いのか…

一度ニードルセットが出てしまえば、あとは燃料さえとどけばリコイルでもほぼ一発でかかる。往年のポンプ付きタンクだからそれも楽ちん。こうだよ、こうでないとエンジンカーは!(笑)

慣らしはほとんど不要で、2タンクほどベンチで回しながら半回転絞って終わり。

ナイトロRS4ミニは、ちゃんとした2PCクラッチ(ブラシスプリングタイプの巻き抑え型バネ)で、あの入門車にありがちな「半円型バネ巻きクラッチ」より、ずっと回転にシビアだ。なので回転が上がらないと繋がらない。つまり止まっていられる。これは入門車には非常に重要で、あの半円型バネ巻きクラッチは滅びればいいのにと思う。どんなマシンも台無しである。慣らしといっても、走行させようにも良い塩梅まで絞らなければ発進さえできない。だから自ずとニードル位置も決まる。その位置で壊れずかかるエンジン。この組合せがちゃんとできてこそ、よいメーカーセットだと思う。

入門車こそちゃんとした2PC、3PCクラッチを使って欲しい。

組み立てにくいというのはわかるが、ナイトロスター12エンジンはちゃんとクラッチまで組み立て済なので、あれでいいのだと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

情報

投稿日: 2017年7月26日 投稿者: カテゴリー: RCレビュー タグ: ,

ナビゲーション

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。